• HOME
  • 九州
  • 長崎県
  • 五島・福江島に来たら訪れたい!朝ドラ「舞いあがれ!」のロケ地になった絶景3選

五島・福江島に来たら訪れたい!朝ドラ「舞いあがれ!」のロケ地になった絶景3選

長崎県

長崎県五島列島を旅する方におすすめしたい「舞いあがれ!」のロケ地として使用された『魚津ヶ崎公園』、『大瀬埼灯台』、『高浜海水浴場』について紹介している記事です。

ニッポンごはん旅 編集長がオススメする、NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」のロケ地として使用された五島・福江島のスポット3選!いずれものスポットも写真を撮りたくなる絶景です。

ちなみに「舞い上がれ!」とは?
2022年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」の作品で、
五島列島と東大阪を舞台にしています。


ぜひ参考にしてみてください。


▼紹介しているスポット▼

1.魚津ヶ崎公園

2.大瀬崎灯台

3.高浜海水浴場

1.魚津ヶ崎公園

直径2mを超えるバラモン凧を揚げるシーンで登場した『魚津ヶ崎公園』。

西海国立公園内に位置し、遣唐使船の日本最後の寄泊地として「肥前風土記」にも記載されている風光明媚な魚津ヶ崎を整備した大自然を満喫できる公園で、数々の島と海を一望することができます。

この地形は火山の噴火によって流れてきた溶岩が複雑な起伏を作り、今のような状態になったといわれています。入り組んだ地形は外からの波を遮り、船の停泊がしやすい穏やかな湾を形成しています。

島らしい景色と雄大な緑が織り交ざった風景が特徴で、空と海と島々を赤く染めながら、西海の縁へと落ちていく夕日は幻想的です。

魚津ヶ崎公園

〒853-0701 長崎県五島市岐宿町岐宿

2.大瀬崎灯台

幼なじみを追って主人公が灯台を訪れるシーンで登場した大瀬崎灯台』。

福江島の最西端の九州本土で最も遅い時間に夕日が沈む場所にあり、海に突き出た断崖絶壁の上にそびえ立つ1879年(明治12年)に建造された白い灯台です。

「日本の灯台50選」に選ばれており、灯台周辺にある『大瀬崎灯台展望台』からは遮るものは何もなく、断崖絶壁の岩や青く透き通る海と一緒に眺めることができます。

この灯台が立っている大瀬崎断崖は、西海国立公園の特別地域に指定されており、晴れた日には「日本の夕陽100選」にも選ばれた東シナ海に沈む夕日を眺めることができます。

大瀬崎灯台

〒853-0411 長崎県五島市玉之浦町玉之浦

3.高浜海水浴場

幼い頃の主人公と幼なじみが海で話をしているシーンで登場した『高浜海水浴場』。

白い砂浜と遠浅で澄みきった透明度の高いエメラルドグリーンの海で知られる五島列島を代表する「日本一美しい海岸」と称されることもある海水浴場です。そばを走る国道384号線は、「日本の道百選」に選ばれており、絶景を望むドライブコースとしてもおすすめです。

「新観光百選」、「日本の渚百選」などに名をつなれる美しい白浜の海岸は、白く輝く砂浜と青く透き通る海のコントラストの美しさは五島列島の象徴的な景色といえます。

特に『魚藍観音展望所』からの海の色は大変素晴らしく、水色、青色、藍色と深まりゆく色の変化には目を見はるものがある一度見たら忘れられないスポットです。


高浜海水浴場

〒851-0503 五島市三井楽町貝津

公認ライターおすすめ!九州エリアの美味しいごはん旅をご紹介

■こちらでもオススメの観光地・お店などを紹介しています!

オフィシャルサイト:https://www.gotokanko.jp/

Instagram:https://www.instagram.com/gotokanko/


*取材・文・撮影:ニッポンごはん旅編集長

*この記事は2023年10月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

※本記事は、2023/11/28に公開されたものです。記事内容は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

「行きたい」

押してくれてありがとう!

あなたのイチオシも
みんなに教えてあげませんか?

やってみる