• HOME
  • 甲信越
  • 新潟県
  • 新潟市民のソウルフード!ケンミンSHOWに登場した、カレー風味の「半身揚げ」

新潟市民のソウルフード!ケンミンSHOWに登場した、カレー風味の「半身揚げ」

新潟県

新潟県を旅する方におすすめしたい『せきとり 本店』(新潟県新潟市中央区窪田町3-199)について紹介している記事です。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

昭和34年創業の鶏料理専門店

JR東日本新潟駅から車で15分ほどの住宅地に店を構える『せきとり 本店』。

豪快に丸鶏を食べ尽くせる新潟市民に愛されるソウルフード「半身揚げ」発祥のお店で、日本テレビ「秘密のケンミンSHOW」で取り上げられたこともある有名店です!


アットホームな雰囲気の店内は、カウンター席とテーブル席に奥には小上がりもあります。

メニューは、半身から揚げカレー味と半身ムシ焼きを軸に、豊富な鶏料理が並びます。

丸鶏の半分を丸ごと揚げた看板のメニューの「半身から揚げカレー味」は、初代店主が新潟県内の学校給食に初めてカレーが導入された際に、子供たちの人気からヒントを得て考案した逸品!

肉汁たっぷりのジューシーな肉とパリパリに揚がった皮、ほのかに効いたカレーの風味が食欲をそそります。

徹底的にこだわった鶏肉は、厳選された良質の国産鶏を100%使用!


カラッと揚がったパリパリの皮の下から現れるのは、肉汁をたっぷりたたえたジューシーな肉。そこにカレー粉がふわりと香り、絶妙にカレー味を主張することなく味の奥行きを広げます。カレー粉といっても特殊なスパイスは使っていないそうで、むしろ揚げ方に秘訣があるそうです。


ちなみに新潟市ではクリスマスにこのカレー味の半身揚げをテイクアウトして、家で楽しむのが定番となっています。

もうひとつの看板のメニューである「半身ムシ焼き」は自家製スープで半身を蒸し上げた逸品!


半身から揚げのパリパリから一転、鶏の半身を蒸すことで旨みを逃がさず、コラーゲンをダイレクトに感じるムッチリとした皮が楽しめます。


半身ムシ焼きの真骨頂は生キャベツを追加で注文し、たっぷりな生キャベツを半身ムシ焼きを重しにして、鶏の凝縮した旨味を生キャベツへ浸透させること!


皮や骨の軟骨部分からのコラーゲン質がたっぷりと溶け込んだスープに生キャベツをつけて食べれば、鶏の新たな魅力に出会うことができます。

皿に溜ったスープはコラーゲンたっぷり!柔らかく蒸された肉を生キャベツでサンドしスープを浸して食べればいくらでも食べれます。



一度食べたらヤミツキになること間違いなしの鶏料理!新潟市に訪れた際はぜひ一度ご賞味あれ!

MAP

せきとり 本店
日本、〒951-8008 新潟県新潟市中央区窪田町3丁目199 GoogleMapで見る

公認ライターおすすめ!新潟で味わってほしい「旅先グルメ」をご紹介

「新潟・燕背脂ラーメンの元祖」といわれる名店の中華そばや、万代シテイバスセンターの「カレーライス」など、新潟で味わってほしいグルメをご紹介しています!

https://gohantabi.jp/koshinetsu/niigata

◆公認ライターおすすめ!旅先で味わってほしいグルメ

・千葉の船橋市場で味わえる1,500円とは思えない豪華な「海鮮丼」
・「孤独のグルメ シーズン8」に登場した、東京・豪徳寺の定食屋さん
・札幌市民のソウルフード『焼きそば屋』の移転オープンなど

各地で味わってほしいグルメをご紹介しています!

https://gohantabi.jp/article_list


*この記事は2022年11月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

*この記事で使用している画像は、執筆者が撮影したものです。

※本記事は、2022/12/07に公開されたものです。記事内容は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

「行きたい」

押してくれてありがとう!

あなたのイチオシも
みんなに教えてあげませんか?

やってみる