• HOME
  • 首都圏
  • 千葉県
  • 1杯なんと2200円!千葉・館山にある町中華でコスパ抜群の「フカヒレそば」を

1杯なんと2200円!千葉・館山にある町中華でコスパ抜群の「フカヒレそば」を

千葉県

千葉県を旅する方におすすめしたい『勘六』(千葉県館山市北条2155-1)について紹介している記事です。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

1995年創業の中華料理店

JR東日本内房線の館山駅東口から歩いて10分ほどの場所に店を構える『勘六』。
フカヒレを惜しげもなく使った料理を提供している知る人ぞ知る中華料理店で、BS-TBSで放送された「町中華で飲ろうぜ」にも登場したお店です。

ちなみに昔から漁港としても栄えていた館山市(旧安房郡布良村)は、江戸時代にはサメ漁が盛んだった歴史があるそうです。

店内は昔ながらの中華料理店といった趣で、
子供連れでも訪れやすいアットホームな雰囲気が漂います。


メニューは種類豊富なランチセットからアワビ、フカヒレ、ナマコなどの高級食材を使ったディナー提供の特別料理までバラエティ豊かな中華料理が揃います。

看板メニューは吉切鮫の胸ビレを贅沢に使った、コストパフォーマンス抜群なフカヒレそば」!銀座で食べれば1杯4,000円は下らない憧れの逸品だが、こちらのお店ではなんと2,200円で食べることができます。


豪快にのった大きなフカヒレは、館山市内にある老舗のフカヒレ加工会社から特別に仕入れられているそうです。

熱々のフカヒレは箸で持ち上げるとフカヒレの姿がそのまま現れる、つまり細切れになっていない豪華版!


口へ運ぶとプチプチとした心地よい独特の食感が楽しく、ねっとりとしたゼラチン質からふくよかな薫りが漂いトロンと溶とろけていきます。また麺に絡み合う食感が何ともいえません。


スープは鶏がらスープをベースに、焦がし醤油とオイスターソースを加えたとろみある濃厚スープ!


鶏がらスープがフカヒレの旨味を存分に引き出しており、ねっとりとしたゼラチン質が溶け出した後味がなんとも味わい深い。


麺は製麺所で専用に作ってもらっている中細ストレート麺!


とろみのあるスープから麺を持ち上げてみると、スープが絶妙に絡む絡む!フカヒレの旨味がジュワッと出て、麺に絡み合う食感が何ともいえません。


麺類のお供として手作り餡の「かにしゅうまい」はぜひ注文したい逸品!







センス良く町中華に落とし込んだ大きなフカヒレ姿煮がのったフカヒレそば!館山に訪れた際はぜひ一度ご賞味あれ!

公認ライターおすすめ!千葉県の美味しいごはん旅をご紹介

1000円台で「ランチと露天風呂」が楽しめる穴場スポットや、新鮮・贅沢な「なめろう丼」が味わえるお店など、千葉県で味わってほしいグルメをご紹介しています!

https://gohantabi.jp/syutoken/chiba

MAP

勘六
日本、〒294-0045 千葉県館山市北条2155−1 GoogleMapで見る

*この記事は2022年11月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

※本記事は、2022/11/25に公開されたものです。記事内容は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

「行きたい」

押してくれてありがとう!

あなたのイチオシも
みんなに教えてあげませんか?

やってみる