• HOME
  • 東北
  • 青森県
  • 記憶に残る唯一無二の味!八戸旅行で外せない、みなと食堂の「ヒラメ漬け丼」

記憶に残る唯一無二の味!八戸旅行で外せない、みなと食堂の「ヒラメ漬け丼」

青森県

青森県を旅する方におすすめしたい『みなと食堂』(青森県八戸市大字湊町字久保45-1)について紹介している記事です。

旅人へひとこと

八戸旅行の際には外せない逸品。唯一無二の美味しさを誇る「ヒラメ漬け丼」をご紹介します!

旅人におすすめポイント

八戸に行くなら、市場と食べ歩きを組み合わせよう!

こんにちは、鮨と魚料理を求めて全国を旅する、すしログです。

有名な『館鼻岸壁朝市』が開催される港町、八戸。

朝市は日曜の朝5時~9時限定ですが、市場は連日にぎわっています。


今回ご紹介するのは、『ムツ湊駅前市場』の近くにある海鮮丼の専門店『みなと食堂』です。

こちらでは絶品の「ヒラメ漬け丼」を食べられます。


八戸駅、本八戸駅からは離れていますが、あえて伺う価値があります。

至福の朝ご飯が待ってますので!

陸奥湊の名店『みなと食堂』とは?

お店は2001年のオープンですが、外観からは渋い貫禄が漂っています。


店内は決して広くなく、まさに「食堂」という雰囲気です。

しかし、窮屈ではなく妙に落ち着く空間で、清潔感もあります。

コロナ対策も徹底されていて、お客さんが帰る度にアルコール消毒をされています。


メニューは壁に貼られていて、結構な品数です。

ただ、初訪問の方が頼むべきは「ヒラメ漬け丼」一択です!

迷う必要はありません。


また、プラス300円で、味噌汁を八戸名物の「せんべい汁」に変えることができますので、お腹の余裕に応じて検討してみてください。


そして、「ヒラメ漬け丼」のお値段は、なんと1,050円です!

天然のヒラメをたっぷり使っているのに格安で、驚きます。


観光客にも、地元の人にも愛されている理由に納得しました。

このメニューがおすすめ!

絶品!「ヒラメ漬け丼」

まず、ビジュアルが素敵です。

ヒラメは白身魚なので、一般的には映えない魚であるにもかかわらず、『みなと食堂』の「ヒラメ漬け丼」は美しい!


これはご主人が研究されたんだろうな…と感じます。

盛り付けでお料理の印象は大きく変わるので、素晴らしい工夫!

その甲斐あって、2014年に「全国丼グランプリ」で「海鮮丼部門・金賞」を受賞されました。

頂いた感想としては、一口目から心をつかまれました。

正直なところ、頂く前は「観光客向けのネタ性が強い丼」だと思っていました。

しかし、実際には随所にアイディアが光る、必食の丼。


ヒラメはプリプリすぎず、しっとりしつつプリプリです。

旨味も強いので、少し寝かせているのかもしれません。

おそらく冷蔵庫で1〜2日寝かせて提供されているのだと思います。


そして、特筆すべき点はご自慢のタレです。

なんとニンニクを使用されています!

ニンニクを使うと白身魚の味と香りが消えてしまうのでは…と思うでしょうけれど、しっかりとヒラメの風味を楽しめます。

タレには甘みもありますが、決してクドくありません。

これは上白糖ではなく味醂を使用しているためだと思います。


ヒラメの味付け(漬け加減)は上品ですが、丼の底にタレが溜まるように作られているところも絶妙です。

濃厚な味わいの卵黄と最後に残ったタレが絡まり、最初と最後で違う味を楽しめるからです。

卵は最初から割るのではなく、最後の方に「味チェン」で使うと一番楽しめるはずです。

丼の脇を固める味噌汁と小鉢も美味

付け合わせも心が温まる味わいです。


味噌汁にはフノリ(布海苔)が入っていて、「郷土の味」と言った印象です。


小鉢にはキャベツの浅漬け、千切りの山芋と青海苔、生メカブが入っています。

これを混ぜて頂くのですが、素朴に美味しく、嬉しい一品です。

出来合いの漬け物を使わない点に、ご主人の誠実さを感じました。


いやあ、また食べたい!と思わされる、丼料理の傑作です。

『みなと食堂』の要注意点

『みなと食堂』にはいくつか注意点があります。


(1)訪問する曜日・訪問する時間帯

休日は行列で9時を過ぎると待ち時間が半端ないそうなので、早朝がオススメです。

一番の狙い目は平日の9時前!

土日祝日に平日の休みをくっつけて訪問するのが良いでしょう。


(2)売り切れ注意

売り切れにも要注意。

『みなと食堂』の営業時間は6:00~15:00(L.O.14:30)ですが、12時台に売り切れる可能性もある模様です。

ついては、早朝~朝、もしくはブランチを狙うのが得策だと思います。


(3)駐車場の場所

駐車場はお店の隣にあります。

『吉田金物店』の駐車場の、2、6、7の3台分が『みなと食堂』の駐車場です。

隣ですが、通り過ぎる可能性があるのが、事前にGoogleマップを見ておくと気が楽です。

ちなみに満車の場合は、近場の有料駐車場を利用することになります。



いずれにせよ、心と時間に余裕を持ってお伺いするのが良いと思います。

心地の良い市場時間を過ごしましょう!

■こちらでもオススメのお店などを紹介しています!

ブログ:https://sushi-blog.com/

Twitter:https://twitter.com/sushilog01

MAP

みなと食堂
日本、〒031-0812 青森県八戸市湊町久保45−1 GoogleMapで見る

公認ライターおすすめ!青森県の美味しいごはん旅をご紹介

十和田のソウルフード「バラ焼き」や弘前で愛され続ける「ホルモン」など

青森県で味わってほしいグルメをご紹介しています!

https://gohantabi.jp/tohoku/aomori

*この記事は2022年3月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

※本記事は、2022/04/21に公開されたものです。記事内容は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

「行きたい」

押してくれてありがとう!

あなたのイチオシも
みんなに教えてあげませんか?

やってみる