• HOME
  • 首都圏
  • 東京都
  • 昭和9年創業!東京・新馬場の知る人ぞ知る割烹料理の名店で「活穴子踊り焼き」を

昭和9年創業!東京・新馬場の知る人ぞ知る割烹料理の名店で「活穴子踊り焼き」を

東京都

東京都を旅する方におすすめしたい『割烹 牧野』(東京都品川区北品川2-19-2)について紹介している記事です。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

昭和9年創業の割烹料理店

京浜急行線の新馬場駅から歩いてすぐの旧東海道の近くにある『割烹 牧野』。

東京湾で揚がった江戸前の魚料理が自慢の割烹料理店です!


店内は割烹ではあるが、居酒屋のようなカジュアルで居心地の良い空間。


料理は活魚を使った刺身や備長炭七輪焼きから、冬場の鍋料理まで充実のラインナップ!

活穴子踊り焼き」は店頭のいけすから揚げたばかりの活穴子を使用!

大皿に盛り付けられた切り身がピクピクと動くほどの新鮮さです。


白く透き通ったその身は、一目で肉厚と分かる上物!

穴子踊り焼きは備長炭七輪で、皮がカリカリになるまで焼くのがポイント!


身が反り返った頃が食べ頃。漂う香ばしい香りが食欲をそそります!味付けは塩のみのため、お好みでわさび醤油を。


焼きあがった身はふっくらと、しっかりとした弾力が良い食べ応え!噛めば噛むほどコクと旨みが広がり、穴子の野趣がたっぷり感じられます。


香ばしい皮も鼻腔をくすぐり、また一つ、もう一つと食べたくなってしまう!

活穴子以外にも生きたまま竹串を打たれた活蛸や活車えびなど、何とも言えない食感はまさに踊り焼きだからこその醍醐味!




店頭のいけすで泳ぐ魚介類を踊り焼きにして食べられる知る人ぞ知る名店。事前に予約をした上で訪問してみて下さい。


公認ライターおすすめ!東京都の美味しいごはん旅をご紹介

孤独のグルメに登場した亀戸の「純レバ丼」や、東京・四谷三丁目の「かけかつ丼」など、東京都で味わいたいグルメ情報を紹介しています!

https://gohantabi.jp/syutoken/tokyo

MAP

割烹 牧野
日本、〒140-0001 東京都品川区北品川2丁目2丁目19−2 GoogleMapで見る

*この記事は2020年7月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

*この記事で使用している画像は、執筆者が撮影したものです。

※本記事は、2022/07/25に公開されたものです。記事内容は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

「行きたい」

押してくれてありがとう!

あなたのイチオシも
みんなに教えてあげませんか?

やってみる