• HOME
  • 首都圏
  • 東京都
  • 日本橋高島屋に上陸!ノスタルジックな秋田発のレトロカフェで極上の珈琲と読書を

日本橋高島屋に上陸!ノスタルジックな秋田発のレトロカフェで極上の珈琲と読書を

東京都

東京都を旅する方におすすめしたい『黒澤文庫』(東京都中央区日本橋 2-5-1 日本橋高島屋 S.C. 新館 4F)について紹介している記事です。

百貨店とは思えぬゆるりとした時間。「本と珈琲とインクの匂い」を感じノスタルジーに浸れるカフェ

7月27日、日本橋高島屋S.C. 新館の4階に、まるで百貨店の中とは思えない静寂の時間が過ごせるカフェ『黒澤文庫』がオープンしました。

コンセプトは「本と珈琲とインクの匂い」。日本橋の喧騒を離れ、照明を落としたノスタルジックな雰囲気の中、珈琲を片手に読書ができる癒しの空間です。

進化の止まらない日本橋ですが、まるで時が止まった、いえ巻き戻ったようなようなレトロで遊び心満載なカフェが登場しました。

例えば、壁面にはたくさんの振り子時計が飾られていますが、どれも針が止まっています。まるで「時間は気にせずお楽しみください」と温かなメッセージが込められているかのようです。

店内の至るところに本が置かれていて読書は自由ですが、この時計の下のカウンターに置いてある文庫本は一冊110円。読み終わらなかったら買って帰ることも可能です。

『黒澤文庫』は、宮城県仙台市にある『青山文庫』と秋田県秋田市の『赤居文庫』に続く3号店です。秋田に本拠地のある会社が運営しているのですが、まさに秋田、そして仙台のカフェが東京で静かな灯りを点し始めたというわけです。

充実の読書時間をさらに高めてくれるのは極上の珈琲メニュー

読書に極上の珈琲は欠かせません。

『黒澤文庫』がセレクトしたのは、クオリティーの高い珈琲豆を扱うことでも知られる「ミカフェート」です。珈琲は、ハンドドリップで、そして時にはサイフォンで淹れられます。水出しコーヒーもあり、それぞれの飲み方や豆に適した淹れ方をしてくれるため、極上の珈琲時間が愉しめます。しかも朝、昼、晩で使う豆を変えるというきめ細かさ。いつ訪問しても、充実の珈琲時間が過ごせるというわけですね。


またコーヒーミルを無料貸し出ししているので、自分で挽いた珈琲を抽出してくれるいう、珈琲体験もできるというわけ。こんなちょっとした時間が、最高の時間へと誘ってくれます。

すべて制覇したくなる魅惑の珈琲メニュー

珈琲が自慢な『黒澤文庫』では、さまざまな珈琲メニューを揃えていますが、すべて制覇したくなるくらい魅力的です。


まず飲んでほしいのが、「アイスコーヒー」(715円)です。黒澤ブレンドで丁寧に淹れられた珈琲は、コーヒー氷としても登場します。ここにドリップコーヒーを注いで行くので、うっかり読書に夢中になっても薄まりません。


またビーカーに入ってくるので、学生時代に体験した理科の実験みたい。学生時代の記憶も蘇ってくるかもしません。


ちなみに「アイスティー」も同じスタイルで登場するとか。珈琲が飲めない方も安心ですね。

「カフェオレ 」(715円)は銅のポットに入ったドリップコーヒーとミルクを注ぐ本格派。目の前でコーヒーを淹れるパフォーマンスが楽しめます。

しかもミルクは、牛乳、豆乳、アーモンドミルク、オーツミルクからチョイス。エスプレッソマシンなどの浸透で、少なくなって来ているこの光景が、『黒澤文庫』では楽しめるというわけです。

お得すぎるモーニング。是非とも訪問してほしいオープンからの30分。

『黒澤文庫』では、オープンから30分間だけ、ドリンクをオーダーするとトーストメニューが無料でオーダーできるというお得なサービスをしています。

しかもトーストは、トーストにボイルドエッグ・小倉あんバター・いちごジャムのついた「グッドモーニングトースト」、「ハニーチーズトースト」、「月替わりチーズトースト」から選べます。

いずれも、サラダもしくはヨーグルト、一口デザートがつくという豪華版。これは見逃せません!

日本橋の散策やショッピング前のエルネギーチャージにもぴったりですね。

ノスタルジックな空間で味わう絶品スイーツ。

是非とも食べて欲しいのは、懐かしいお菓子「黒澤文庫のシベリア」(748円)です。

カステラであんこを挟んでいるのですが、直前に一度あんこを練っているため、口当たりがとっても滑らか。カステラの底にはざらめが付いているので、あのガリっとした食感と直後に広がる甘味もたまりません。カステラを食べていて一番好きな瞬間な方も多いのではないでしょうか。他では食べられない、絶品シベリアを是非お店で体験されてみてください。

お店のメニューには「What is Shiberia」と、シベリアの由来や製法などが書いてあるので、スイーツ好きな人はちょっと好奇心がくすぐられるかも。

「珈琲醤油小豆ロールケーキ」(440円)も欠かせません。

生地に醤油が練り込まれ、中心にゆで小豆を使用しています。クリームは香り高く濃厚なものをつい、周りをクレープ生地で巻いているため、さまざまな食感や風味が楽しめます。

私たちの体に染み込んでいるとも言えるお醤油がスイーツに使われるって面白い。お醤油が入ることで感じる、甘塩っぱいを感じるスイーツです。

天気の色によって色が変わるクリームソーダーはソフトクリームをひっくり返した、まるでそびえるタワー

『黒澤文庫』には遊び心がたくさん散りばめられていますが、温度も一つのテーマになっています。

「クリームソーダ」(880円)は、気温によって、青、赤、緑と色が変わるという楽しいメニュー。是非全色制覇したいメニューです。

ソフトクリームごとグラスにひっくり返したようなスタイルで、インスタ映えを狙ってくるお客様も多いとのことですが、実はこのソフトクリームがミルキーでとっても美味しいんです。

温度だけでなく、そしてインスタ映えだけでなく、一度体験していただきたい美味しさです。

温度と言いましたが、実は『黒澤文庫』の店員さんが来ているツナギのユニフォームも温度の遊びがあまります。これも温度によって変わるんですって。

夏に伺った時には青でしたが、雨の日は赤、雪の日は黄色、真夏日(30℃以上)はオレンジ、猛暑日(35℃以上)は青というように変化するそうです。

珈琲を飲みながら読書もできて、そして随所に散りばめられた遊び心も満載。最初に登場するお水にだって一工夫があるんです。

読書に熱中した時は、カフェインの刺激とスイーツの甘さに癒されて、また読書をしていてお腹が空いたら、焼きカレー・煮込みシチューライスなどのオーブン料理とサラダ・ドリンクがセットになったお得な平日限定ランチセット(1,485円)がおすすめ。

美味しいランチやコーヒーと共に、じっくり読書が楽しめる時間をお過ごしくださいね。

■黒澤文庫

東京都中央区日本橋 2-5-1 日本橋高島屋 S.C. 新館 4F 

03−6225−2560

https://green-coffee-farm.com/kurosawabunko/


■こちらでもオススメのお店などを紹介しています!

ブログ:https://ameblo.jp/sakura-beautiful/

Instagram:https://www.instagram.com/sakura.007/

MAP

黒澤文庫
日本、〒103-6129 東京都中央区日本橋2丁目5−1 高島屋S.C. 新館4階 C407 GoogleMapで見る

*この記事は2021年9月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

※本記事は、2021/10/09に公開されたものです。記事内容は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

「行きたい」

押してくれてありがとう!

あなたのイチオシも
みんなに教えてあげませんか?

やってみる