• HOME
  • 首都圏
  • 千葉県
  • 千葉名物「なめろう」やトロトロの「まぐろ丼」を堪能!北条海岸~館山城を巡る旅

千葉名物「なめろう」やトロトロの「まぐろ丼」を堪能!北条海岸~館山城を巡る旅

千葉県

千葉県を旅する方におすすめしたい『とまや食堂』(千葉県館山市北条 2307-36 1F)について紹介している記事です。『北条海岸』、『館山城(城山公園)』など、是非立ち寄ってほしいおすすめスポットなども紹介しています。

旅人へひとこと

駅近・海が目の前・駐車場が広い・そして美味い!と四拍子も揃った館山の海の幸が味わえるお店をご紹介!

千葉・館山は、美食や見どころ満載!今回は館山湾沿いの『北条海岸』を中心に旅のプランをご提案します!

はい、「カフェ旅ブログ」からやってきました、千葉ドライブ旅と言えば佐藤社長でございます。


今回はですね、千葉・房総半島の南端に位置する「館山市」にある海鮮料理を堪能することができる『とまや食堂』さんについてご紹介させていただきます!


『とまや食堂』さんは、館山市が誇る穏やかな館山湾の中央に位置する『北条海岸』が目の前という、とても良いロケーションにあります。お店の目の前には、無料の公営駐車場もあり、車も停めやすく、館山駅西口から歩いて5~10分ぐらいに立地にあり、観光客にも優しい、立ち寄りやすいお店なのです。


実はもともと、館山駅のお隣「那古船形駅」近くにあったのですが、こちらに移転されてモダンでおしゃれなインテリアとなり、家族連れにもオススメなお店になりました。


高速道路を使って「富浦IC」を降りると、目の前に立派な観光施設や近くに道の駅もあったりして、もちろんそちらも魅力的なのですが、今回はぐーぐーと鳴るお腹をなだめつつ、ぜひ『北条海岸』のほうへ行ってみましょう!

広々としている駐車場は無料で、海が目の前の好立地にあります!

お店は『北条海岸』、目の前に建つリゾートマンションの一階部分にあります。
駐車場は道路を挟んで向かいの公共無料駐車場がありますのでそちらに停めるのが吉です。広々しているので海水浴シーズンを除けば間違いなくゆったり停めることができるでしょう。
日によっては風が強いこともありますので、車のドアをぶつけないよう(通称:ドアパンチ)にご注意ください。

店内の雰囲気はリゾート地のカフェのような趣もあり、とてもオシャレ!

もともとはこのリゾートマンション用のカフェ・レストランだったのでしょうか?

前の店舗の港町食堂感も趣があって良かったのですが、よりモダンになりましたね!座席数も少し増えたのかな??広々していて、お子様用のイスもあり家族連れもウェルカムな雰囲気が良いですね。


個人的にはずーっと昔から知っている物件だったのですが中々縁が無くて、ここに『とまや食堂』さんが移転されてきてお店の中に入れたのは嬉しかったです。


テーブルの上にはメニューだけでは付近の観光案内マップもあり、観光客に優しいお店なんです。


愛想の良い女将さんに、おすすめ観光スポットを教えてもらったりもしました。


道路を挟んでいますがオーシャンビューです。
車好きとしては行き交う車を眺められるのでホクホクしちゃうポイントです。


さて、千葉のドライブ旅と言えばワタクシ!と自称しておりますが、実は「まぐろ丼」にも目が無くて、立ち寄ったお店で「ま ぐ ろ」の3文字を見れば間違いなくその料理を頂きます。


いろんなメニューがあって悩んでしまいますが、
やっぱりココは
「まぐろ丼」…1,800円
を頂きます。


このメニューがおすすめ!

脂の乗ったトロットロの「まぐろ丼」が1,800円で味わえる!

御覧ください!脂が乗ってサシがキレイなこの切り身!
口の中でトロけて無くなります。

この旨さの秘密は「生まぐろ」

うちはね~、生まぐろを使っているから美味しいんだよ~と最初に訪れたときに女将さんが教えてくれました。なるほどですね。

一緒に訪れた友人が「今まで食べていたまぐろはなんだったのか…」
なんて、あまりの美味しさに人生観を変えられていました(笑)

シンプルにまぐろと酢飯があればいいの!とまぐろ丼に関しては余計な要素は望まず、偏食気味なこだわりを持っていますが、「このツマも美味しいじゃないの…」なんてぺろっと平らげました。

一緒に付いてくる「小鉢」や「つみれ汁」も美味しいですよ~。

私はまぐろ丼が大好きで、ドライブがてら全国津々浦々のまぐろ丼を頂いておりますが、費用対効果の高い美味しいまぐろ丼を見つけるって結構難しいんです。


お店によって、「まぐろ丼」の定義が異なり、脂の乗ったトロットロのまぐろ丼もあれば、赤身重視のパサパサしたものだったりしますよね。


ひとくくりにまぐろと言ってもクロマグロ、ミナミマグロ、バチマグロ、キハダマグロなど種類の違いもあり、水揚げ状況によっても品質が変わってくることもあります。

そんな中でも安定して高い品質のマグロを相対的にリーズナブルなお値段で提供してくれるお店が私は大好きです。


『とまや食堂』さんはいつ行っても期待を裏切らず、安心して友人たちにもおすすめできます。

このメニューがおすすめ!

千葉名物の「なめろう」やお刺身の盛り合わせも美味しい!

わたしゃ海鮮なんでもOKよ!という方や、千葉に来たからには千葉名物が食べたいなぁ、なんて方には「さしみ定食」もおすすめです。


その中でも「さしみ定食B」はさしみ4点盛りと「なめろう」が付いて1,600円。もちろん、お豆腐の小鉢とつみれ汁も付いてきます。


まぐろも美味いが、他の刺身も負けてはいません。

『とまや食堂』の名の通り、港町の海鮮定食が気軽に味わえる、とても親しみやすく身近な食堂なんです。

揚げ物もうまし!

せっかくならもう一品!と食いしん坊の心をくすぐるようなお料理が「タコの唐揚げ」…500円です。


タコのコリコリ具合と衣のじゅわっと感がたまらなく美味しい料理です。
これは…お酒が…進む…進む…。

移転して夜の営業も始められたみたいですので、館山駅付近に宿泊したら夜ご飯にもいいかもしれません。

とまや食堂さんについては「カフェ旅ブログ」でもご紹介しております。

もっと写真を見たい!という方はぜひご覧ください!

MAP

とまや食堂
日本、〒294-0045 千葉県館山市北条 2307−36 1F GoogleMapで見る

別名「鏡ヶ浦」と呼ばれる穏やかな海に心癒やさる、ひとときを。

目の前が海!しかも駐車場は無料!という好立地ですので、食休みにぜひ『北条海岸』を眺めながら、のんびりぷらっと散歩はいかがでしょうか?



ここ館山湾は別名「鏡ヶ浦」と呼ばれ、波がとても穏やかで、ちゃぷちゃぷと波音に耳を傾ければすーっと心が洗われるような癒やしのひとときを過ごすことができます。


夏場は海水浴客で賑わう『北条海岸』は、トイレや日よけとなる休憩所など施設も充実していますのでとても便利です。

MAP

北条海水浴場
日本、〒294-0045 千葉県館山市北条2307 北条海水浴場 GoogleMapで見る

旅人におすすめポイント

館山城から眼下に広がる城下町と館山湾の望む絶景を満喫!

もう少し、館山探訪できるゆとりがあればぜひ『館山城(城山公園)』への車を走らせてみてはいかがでしょうか。

『とまや食堂』から車で5~10分ほどの距離にあり、入館料を支払えば天守閣から城下町を望むことができます。

千葉にはいくつかお城がありますが、この『館山城』は城下町と館山湾の海を一望できる贅沢な天守閣なのです。

お城の内部は資料館となっていて、鎧兜などの武具や「里見八犬伝」の資料など見学することができます。
文化を学び、お館様の気分が味わえる良スポットなんです。

駐車場も広く、空いている時期や時間帯なら、愛車とお城の記念写真も撮れちゃいます。他の方の迷惑にならないよう、サッと撮るのがポイントですよ~。


敷地内には遊具や広場、売店もあり、施設も充実しています。家族連れにも人気です。お城までの道のりはちょっとした運動にもなりますので運動不足解消にも!?

春になれば桜が満開となりお城の周りが桃色に彩られます。
館山観光をするならぜひ立ち寄っておきたいおすすめスポットです。



■こちらでもオススメのお店などを紹介しています!

『とまや食堂』のブログ記事:https://cafetabi.blog.fc2.com/blog-entry-554.html

MAP

館山城(城山公園)八犬伝博物館
日本、〒294-0036 千葉県館山市館山338−4 GoogleMapで見る

*『とまや食堂』、『北条海岸』は2020年12月、『館山城(城山公園)』は2014年の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。
*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

※本記事は、2021/02/16に公開されたものです。記事内容は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

「行きたい」

押してくれてありがとう!

あなたのイチオシも
みんなに教えてあげませんか?

やってみる